九重雜賀

お知らせ

【雑誌】東海道・山陽新幹線車内誌『ひととき 12月号』にて、料理研究家の土井善晴先生連載に登場しました。

2020年12月17日(木)

東海道・山陽新幹線車内誌にもなっている雑誌『ひととき』(ウエッジ発刊)12月号にて、料理研究家の土井善晴先生の連載に、弊蔵を取材していただきました。

雑誌『ひととき』は日本各地の歴史・文化などを「にっぽん温故知新」をテーマに紹介する旅の情報月刊誌。
この中で好評連載中なのが、テレビや著書などで御馴染み、料理研究家の土井善晴先生の連載「おいしいもんには理由(わけ)がある」です。

第25回となる今回、「醤油発祥の地、和歌山で醸されたおいしさ~ “発酵”」をテーマにした取材で、土井先生が来蔵。
日本酒をつくり、その酒粕から赤酢を醸す、酒蔵と調味蔵が併設する稀有な蔵を、日本を代表する発酵食の故郷をめぐる旅の中で紹介してくださいました。

雑誌『ひととき』についてはこちら → https://wedge.ismedia.jp/list/hitotoki