九重雜賀

九重雜賀のこだわり

九重雜賀のこだわり:赤酢

伝統の「赤酢」を醸す、
日本屈指の大木桶が並ぶ酢蔵。

お寿司の発祥の地」と言われるこの和歌山県で創業百余年、紀州屈指の蔵元「九重雑賀」の原点といえるのが、高さm超えの30石大木桶で醸される「赤酢」です。日本酒の酒かすを3年以上熟成させたのち、さらに30石大木桶で百二十日以上も発酵・熟成させるという、手間も時間もかかる伝統製法を継承。一方で、原料の酒かすをもたらす日本酒や、そのもとになる米づくりから取り組むなど、品質向上のための進化をつづけています。専門家の方いわく、私たちの大木桶に棲んでいる酢酸菌は「九重雜賀の蔵オリジナルの酢酸菌になっている」とのこと。弊蔵ならではの奥深いコク、まろやかさは、お酢の概念を変える逸品。寿司店、料亭などの一流料理人からも厚く支持されています。

九重雜賀のこだわり:酒

米を活かす技を磨きぬき、
他にない、より良い酒を追求。

九重雑賀の酒づくりは、昭和初期からはじまりました。ひとつは「よい酢をつくる、よりよい酒粕を自分たちで手に入れる」ため。そしてもうひとつが、「料理の要をつくる蔵として、食事にあう日本酒をつくりたい」さらに「お寿司の発祥の地」と言われる和歌山で酢と酒を醸す稀有な蔵である、わたし達にしかできない「おすし」に合う酒をつくりたい。そんな想いから、発酵の技を活かし、原料米にこだわり、ついには招聘杜氏の力を借りず、社員だけによる酒づくりを実現しました。

毎年研鑽をつづけてきたその成果が、国内外のコンクールでも高く評価されています。
米を知り、酒粕を知り、醸造を知り尽くす私たちならではの、唯一無二の酒、ぜひご賞味ください。

九重雜賀のこだわり:酸

多彩な「美味しさ」を通して、
「よりよい酸を食卓へ」。

日本酒、赤酢、こだわりの原材料を使用した調味酢、酒造の技を活かした梅酒・柚子酒、ノンアルコールリキュールなど。さまざまに広がる九重雑賀の製品ですが、すべてに貫かれているのが、「よりよい酸を食卓へ」という理念です。製品に含まれるアミノ酸や酢酸、クエン酸は、身体に必要な栄養であると同時に、美味しさの決めてとなる大切なもの。その品質へのこだわりと、時代にふさわしいものづくりで、皆さまに「家庭料理」の楽しさやぬくもりをお届けしたい。

私たちの伝承と挑戦は、つぎの百年もつづきます。

原材料へのこだわり

田んぼから、盃まで。
良質をつらぬく「一貫造り」。

食べるものが、その人の身体をつくるように。良い素材こそが、良いものづくりの基本だと考える私たちは、まず酒米から栽培して日本酒をつくり、その酒かすから酢をつくる、という「一貫造り」をおこなっています。それを可能にしているのが、地元紀州の豊かな自然。「すし」や「醤油」「かつおぶし」といった和食文化の源流といえるこの地で、美しい風景と一体になる製品づくりをめざします。

原材料
原材料

身近な、大切なひとのために。
厳選国産素材使用、
保存料・化学調味料不使用。

品質にこだわるのは、酒米や酒かすだけではありません。たとえば梅酒の梅、調味酢の昆布やカツオなど、ほとんどの製品において厳選した国産素材だけを使用。顔の見える地元農家を中心に、その年に出来のよかった地域から直接仕入れています。保存料や着色料はもちろん、化学調味料、だしエキスも一切不使用。つくる自分たちが、子どもや家族に与えたいものしかつくらない。それが九重雑賀の約束です。

コーシャ認証について

豚肉やイカ・エビといった甲殻類など。厳格な戒律で知られるユダヤ教には、口にできないものが多くあります。
その一方で、和食には、たとえばすしのように、魚と酢飯だけでも極上の美味を生みだせる料理がたくさんあります。
ユダヤ教徒の方が安心して口にできる私たちの製品を通して、世界中のいろいろな方に、日本食の素晴らしさをもっとお伝えしていきたい。それが、「コーシャ認証」取得に込めた、私たちの願いです。

コーシャ認証 認定証

点字印刷首掛けについて

毎年、桃が実る季節になると、全国の視覚障害者の方々が、
九重雑賀の蔵まで見学に訪れてくださいます。
木桶の手触り、発酵の残り香など。目で見る以上に細やかに、蔵の雰囲気を味わってくださる皆さんのために、「同じビンでも種類がわかるように」とはじめたのが、この「点字印刷首かけ」です。
そして教わったのは、「自分で品物を選べる楽しみ」の大切さ。小さな取り組みですが、これからも、私たちにできることに取り組んでまいります。

点字印刷首掛け