九重雜賀

伝統を守りながらも進化を続ける雑賀 saika

伝統を守りながらも
進化を続ける

雑賀

saika

Story_iconStory

米を活かす技を磨きぬき、
他にない、より良い酒を追求。

九重雑賀の酒づくりは、昭和初期からはじまりました。
ひとつは「よい酢をつくる、よりよい酒粕を自分たちで手に入れる」ため。そしてもうひとつが、「料理の要をつくる蔵として、食事にあう日本酒をつくりたい」
さらに「お寿司の発祥の地」と言われる和歌山で酢と酒を醸す稀有な蔵である、

わたし達にしかできない「おすし」に合う酒をつくりたい。

米を活かす技を磨きぬき、他にない、より良い酒を追求。
米を活かす技を磨きぬき、他にない、より良い酒を追求。

そんな想いから、発酵の技を活かし、原料米にこだわり、
ついには招聘杜氏の力を借りず、社員だけによる酒づくりを
実現しました。
毎年研鑽をつづけてきたその成果が、国内外のコンクールでも高く評価されています。

米を知り、酒粕を知り、醸造を知り尽くす私たちならではの、
唯一無二の酒、ぜひご賞味ください。

日本酒 雑賀 ラインナップ

雑賀 純米 山廃仕込

雑賀 純米吟醸 雄町

雑賀 吟醸 大辛口

雑賀 純米吟醸 辛口

雑賀 純米大吟醸 山田錦